『人工知能は人間を超えるか』を読んだのでまとめてみる。そして今後の世の中はどう変わっていくのかを考えてみる

『人工知能は人間を超えるか』を読んだのでまとめてみる。そして今後の世の中はどう変わっていくのかを考えてみる

人工知能という言葉がメディアに登場する頻度が高まるにつれ、実際はどういったものなのかを知りたいと思って読んでみました。

そもそも人工知能すげー!となったのは、googleフォトを使った時です。検索の窓に、肉、といれて検索するとこれまで自分が撮った肉が写っている写真がどんどんでてくる…。それをまとめてダウンロードもできるし、凄いなと思いました。

写真整理して資料を作って…なんて仕事も簡単にできるようになり、この技術がどんどん伸びていったらどうなるんだろうか、話題の人工知能がヒトを超えてターミネーターみたいな世界に本当になっていくのかとても気になりだしたんです。

ディープラーニングとは特徴を捉える人工知能

本書によれば、これまでの人工知能と、最近話題になったディープラーニングの違いは、特徴を自ら掴むということ、だそうです。

これまでは人間が注目しなさいと命令した特徴を捉えてその結果を出します。しかし、ディープラーニングは大量のデータからどの特徴に注目するかを自分から捉えて結果を出します。

その際、人間が注目しなさいと命令した特徴に着目した人工知能と、ディープラーニングで自ら特徴を掴んで出した結果が共に同じであっても、注目している特徴が違う場合があってもおかしくない、というのもポイントでしょう。

人工知能の今後

人工知能は今度、どんどん進化していき多くの仕事をなくすでしょう。それが本書を読んではっきりとしました。自分たちが何かの特徴をつかみ判断するということがどれだけ難しいか、しかしそれを人工知能ができるようになってきたこと、今後どのように進化していくかの仮定、その過程は生物の進化と同じような流れとかんがえられること。

仕事を人工知能が奪っていく、というのはかなりの確率でそうなるでしょう。なぜなら人工知能の方が人間よりも得意な仕事があるからです。

人間社会の今後と強力な人工知能の独占

人工知能とヒトの共存、住み分けについても記載されています。でも、最も興味が出たのは最終章の最後の最後、人工知能技術の独占についてです。

多くのデータを収集し、多くの物事の特徴量をつかむことができる人工知能(ただし、その内容はわからないブラックボックスのようなもの)を通せば最も的確な回答がもらえるのであれば、今のグーグルのような1強の、超強大な人工知能を扱う会社になっていく、ということです。

一度、トップのシェアを握ったらそこの会社へ凄まじいほどの情報が蓄積され、さらに改良されるという循環がおこることになります。

日本のスーパーコンピューターが2位になった時に、2位でもいいじゃないですか、という話がありました。それでもいいんじゃないかな、と思っていましたが、人工知能の業界では1位と2位では圧倒的な差が生まれることになるのは明白なんだな、と。

今後も人工知能については世の中を変えていくことが楽しみですね。
スマートフォンが広がっていったのが約10年前、それからもかなり世界は変わりました。
そして、今の世界にも今後の世界を変えていくタネは蒔かれているんだろうな。

個人的にそれは仮想通過でありブロックチェーンじゃないかと思っています。

書評・映画評カテゴリの最新記事