歯科矯正中のオススメ歯磨きグッズと使い方を紹介します。

歯科矯正中のオススメ歯磨きグッズと使い方を紹介します。

歯科矯正中は通常の歯ブラシではブラケットやワイヤーが邪魔をしてしまって、通常通り綺麗に歯を磨くのが難しいですよね。磨き残しが多くなると虫歯や口臭の原因にもなるので、しっかりと磨きたいとこです。

器具をつけて数日は口臭があった、と後から妻に言われたこともあり、今では毎食後の歯磨きは欠かしません。また、夜の歯の手入れには約40分つかってやっています。

本記事では、そんな私が矯正中にしっかりと歯のケアをするための道具を紹介します。しっかり歯磨きをしだしてからは、口臭もなくなりました!(妻談)

オススメアイテムその1 部分磨き歯ブラシ(ワンタフトブラシ)

部分磨き歯ブラシ

歯を1本ずつ磨けるようになっているコンパクトヘッドの歯ブラシです。これを使うことで、歯の一本一本を丁寧に磨くことができます。ブラケットと歯の接着部分や、歯と歯の間の部分も上下から歯に当てることで磨くことができます。

矯正中は必須の歯ブラシだと思います。というか、奥歯の喉側の面や細かいところまで簡単に磨けるので矯正が終わっても使います。歯を大切にしたい人はワンタフトブラシ、絶対に使ったほうがいいです。

オススメアイテムその2 糸タイプのフロス

イーフロス

矯正器具がついていたら、歯と歯の間の歯肉の方までよくあるY字型のフロスでは奥まで入れることができませんが、このフロスを使えば奥までしっかりと汚れを取ることができます。

仕組みは簡単。一本の糸になっているので、それを引き出して、切ります。

イーフロス開けたところ

切った糸を、矯正器具のワイヤーの所から通して、歯の間に入れて使います。

ただの糸でもいいじゃん、と一瞬思いますが、表面がコーティングされていてほんの少し堅くなっています。そのため、矯正器具がついているところに入れやすくなっています。

定期検診の時に、これを3日に1回ぐらいやっています、と言ったら、「できれば毎日やってください」と言われたので毎日やるようにしています。やると本当に口がさっぱりするんですよね。

矯正中の歯のケアの順番

dental_care_goods

1, 通常の歯ブラシを使って大きな汚れを落とす

まずは、通常の歯ブラシで大きな汚れと、取れる部分は取り除いてしまいます。このときもできるだけ丁寧に歯磨きをするのがポイントです。横に動かして全体を磨いた後には、斜めに動かして磨くなどして、いつも同じところだけが磨かれないようにします。

2, イーフロスを使って矯正器具装着部の歯間の汚れを落とす

次に、イーフロスを使って、器具がついているところの汚れを落とします。イーフロスは長めに切って使うほうが手入れをしやすいです。短いとどうしても指の力が多く必要なことと、口の中の方にも手を少し入れないと行けないので少し難しいです。でもすぐになれます。

3, Y字型のフロスを使って矯正器具がついていない部分の汚れを落とす

歯科矯正では関係ないところには器具を取り付けません。そのため、矯正器具がないところはY字型のフロスを使っての手入れが可能です。糸のだけのものでもできますが、Y字になっている方がやりやすいです。

矯正中は唾液の循環が悪くなるので、矯正器具をつけていないとしても虫歯予防は大切です。

4, 部分磨き歯ブラシで矯正器具周辺と磨きづらい部分を磨く

部分磨き歯ブラシ(ワンタフトブラシ)で矯正器具まわりを磨きます。この歯ブラシを使えばブラケットの上下横と全方向を丁寧に磨くことができるので、鏡を見ながら一本一本磨いて落としていきます。

まとめ

現在、歯科矯正治療中ですが、この間に虫歯になってしまったら元も子もありません。しかし、矯正中は虫歯になりやすいのも事実です。歯ブラシだけでなく、しっかりと歯を磨いていくためには、本記事で紹介した道具がとても役立っています。器具を取り付けたあとから発生した私の口臭もなくなりました。ぜひ、参考にして、口と歯の健康をキープしましょう!

歯科矯正記録カテゴリの最新記事