【ニセコの日帰り温泉】ニセコ町民のくつろぎの場であり普段使いの温泉『綺羅乃湯』

【ニセコの日帰り温泉】ニセコ町民のくつろぎの場であり普段使いの温泉『綺羅乃湯』

ニセコエリアには温泉がたくさんあります。その中でも、町民の憩いの場として、くつろぎの場として、地域のコミュニティとして機能している『綺羅乃湯』を紹介したいと思います。 綺羅乃湯の看板

『綺羅乃湯』の温泉

綺羅乃湯では日毎に男性と女性側が入れ替わります。そのため、日によって違う浴槽が楽しめるのが特徴の一つです。 綺羅乃湯ののれん この日は、和風の方が男性でした。もう一つの方は洋風です。 のれんをくぐる前に貴重品ロッカーがあるので、脱衣所に入る前に貴重品をロッカーにいれます。 ここはロッカーの100円が必要ないので楽です。 どちらも内湯が2つぐらいと露天、サウナがあります。 内湯では湯船に入る際に段差になっている温泉が多いと思いますが、綺羅乃湯の湯船はその段差の部分が広くとっている場所があるので、あまり深く浸からずに長く浸かりたい方にはとてもいいです。 私は、いつも浅いところに寝そべってのんびりとしています。 露天は、回りが見渡せるようになっている訳ではなく、コンクリートむき出しの内庭のようなところにあります。 そう言うと、閉塞的な露天という感じがしますが、それでも開放感を感じるような作りになっています。デザインした人、凄い。 サウナは露天のそばにあり、なかなか本格的な感じ。暑い。 温泉には加水をしているようなので、THE温泉!という感じは正直しませんが、周辺の方では毎日通っている人や、家族連れも多いので需要にはあってると思います。なんと、5000円で定期券が買えて毎日入れますからね。

『綺羅乃湯』の設備

綺羅乃湯には広い休憩室があります。 綺羅乃湯の休憩室 テーブルがあるので、ここにお弁当を持ち込んで湯上がりに食べている人もいれば、おしゃべりしている人もいるし、寝そべってテレビをみている人もいます。水も飲めるし、もちろん牛乳やジュースの販売もしています。 綺羅乃湯の本棚 休憩室のところにはいろいろな本も置いています。雑誌、小説、漫画、歴史本…。 結構いろいろなジャンルの本があるので、風呂上がりにゆっくりするのにもってこいです。 綺羅乃湯のMAJOR 個人的に、MAJORは嬉し懐かしい!中学生のころ読んだな〜。ついつい読んでしまいました。 吾郎の幼少期から中学校、高校とどんどん成長していく過程がたまりません。 「野球中心」男のストーリー。ジャイロボールとか昔投げようとしましたよね。 休憩室の柱には、求人情報や広告、街の催しものなどのチラシも貼られていたりしてニセコ町ってこういうのがあるんだな〜ということを知ることができます。周辺の観光案内のパンフレットも置いてますし。 その他、貸し切り風呂や、ちっちゃいゲームセンター、整体、マッサージ機もあります。 入り口入ってすぐのところは『マイトリエ』というカフェになっていたり、地元の野菜やお土産も売っているので、大人数で温泉に入って時間差があっても退屈はしません。

『綺羅乃湯』のまとめ

綺羅乃湯は町のみんなに愛されている温泉ですが、観光客にもニセコ情報を手に入れやすくなっているからオススメです。 電車で来たら綺羅乃湯は目の前にあるし、ドライブで来たら、一汗流して、カフェでお茶をしながらニセコでの楽しみ方を考えるのもいいかもしれません。 地元の人に愛される温泉、住んでいたら毎日通いたいところです!

  • 温泉名 ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯
  • HP http://www16.plala.or.jp/kiranoyu
  • 入浴料金 500円
  • 営業時間 10:00~21:30(受付21:00まで)
  • 休館日 第2、第4水曜日
  • 電話番号 0136-44-1100
  • 住所 〒048-1511 北海道虻田郡虻田郡ニセコ町中央通33

温泉カテゴリの最新記事