山形のかみのやま温泉『月の池』に泊まってきたよ。上質な空間美とサービスでした。

山形のかみのやま温泉『月の池』に泊まってきたよ。上質な空間美とサービスでした。

山形県のかみのやま温泉にある旅館、花明かりの宿 月の池に泊まってきました。

山形蔵王スキー場に行くため、どこに泊まろうかなと山形蔵王温泉街や周辺の宿を探しましたが良さげなところがない

地元の人のススメからかみのやま温泉という選択肢もあることを知り、こちらに宿泊させていただきました。

建物の入口やラウンジは和洋合わせた上質な空間で、露天風呂で日本酒は飲めるし、ラウンジでは飲み物無料サービスしているし、温泉は気持ちいいしで、ゆっくりできたので、どんな宿か紹介します。

和洋折衷大正モダンな雰囲気と優雅なチェックイン

大正モダンってどんな感じか知りませんが、多分上品な大正モダンってこんな感じかなと思わせるデザイン。

和の中に洋が混ざって来ている感じです。

こちらが入り口。右側が鳥居のようになっています(車が止まっていたから写真取れなかった…)。

ちなみに写真を撮ってる位置の足場は砂利と飛び石です。

館内に入っても砂利の中に飛び石、木道があるオシャレデザイン。

その中にある、いろいろな色形のソファと花の形をしたライトたち。

とても美しい空間でひと目見ると、その中でくつろぎたくなります。

チェックインのときはすぐソファに案内され、山形名物のラ・フランスのケーキとお茶をいただきました。

このケーキもラ・フランスの風味があり美味でしたが、このお茶!

このお茶がめちゃくちゃ甘くて美味しいお茶でした。

よくテレビで「甘い」というコメントをなんにでも使うなと思っていますが、これはガチで甘い。

ふわふわの中にふっくらしたお茶の味がある、という感じ。

これを味わいながらチェックインのための用紙の記入や説明を聞きます。

ゆっくりできて最高。チェックイン作業が終わってからもしばらくラウンジにいました。

ゆったりできる部屋、綺麗な景色とライブラリースペース

部屋も必要なものはすべて揃っていて、景色はよく、ゲームなどの貸し出しもあって館内でゆったりするの最高です。

上山温泉周辺散策しようかと思いましたが、ゆっくりと館内だけで過ごしました。

部屋は10畳の和室部屋でしたが、こんな感じ。

ちょっと使った後なので椅子が変な方向を向いていたり、テーブルの皿の上になにもなかったりしますが、だいぶ広いです。

空気清浄加湿機があるのは感想に弱い喉を持っている私にはとても助かる・・・。

掛け軸や収納部分の模様を草木に変更しているところもオシャレです。

窓からの景色では、雲を被ってましたが蔵王連峰を一望できます。

真ん中より左側の白い筋がいくつか山肌にあるところが蔵王温泉スキー場。

多分、黒姫や百万人コースですね。

滑る人だとそんな話をしながらゆっくりできるので、蔵王でスキーをするから蔵王温泉スキー場の周囲の宿泊施設だけではなく、ちょっと離れたここ上山温泉もいいかもしれません。

ライブラリースペースはこんな感じで、いろいろなジャンルの本がありました。

ゆっくり見たかったけど時間がなく全然見れませんでしたが・・・。

一つ一つが味わい深い、名物の花懐石フルコース

花懐石フルコースでお願いしたので料理も紹介します。

一つ一つが味わいがあり、目にも楽しい料理たちでした。

まずは杏と桃の食前酒。アルコール感はそこまで感じませんでしたが桃の風味がしっかり。

前菜。子持ち昆布大好き。

次が名物のだだちゃ豆の流し、というもの。豆はあんまり好きじゃないんですが、奥の茶碗蒸しのようになっている部分が、豆の風味がとても活きていて美味。名物になるのがわかります。

お造り

あんこう鍋。あん肝の風味が味噌味の鍋に溶けて美味い。

紙に包まれたのは・・・

昆布に包まれたホタテ!しかも大黒しめじがついてます。歯ごたえといい風味といい、素晴らしい・・・。

山形牛のステーキ。美味しくないわけがないですね。

右の方にあるのはトマトを低温で揚げたものだそう。トマトのスナックがあったら確かにこんな味になりそう。

締めのご飯物。この炊き込みご飯の蓋を開けた時のごぼうと柑橘のふわっとした香りがたまりませんでした。

本当の締めのデザート。たくさん食べてお腹いっぱいでしたが、さらっと食べられました。美味。

というのが、花懐石フルコースでした。

今回はさらに個室で案内してもらい、ゆっくりと過ごせました。

個室にはなんと昔懐かしい壁掛けの電話もありました。

本物を見たのは初めて。

トトロでしか見たことありません。(あれは黒かったっけ…)

肝心の温泉、笹舟と樽酒の日本酒!

月の池ホームページより引用

月の池の温泉ですが、ここにもこの宿らしい面白い仕掛けがあります。

一つは樽酒の日本酒を飲み放題にしています。

露天風呂に浸かりながら、枡で酒を飲む、というのはなんとも優雅な気持ちになります。

露天風呂に飲み物持ち込み禁止にしている宿も多い中、逆に日本酒をサービスするというのは画期的でした。

もう一つは笹舟と呼ばれる一人だけが入れる露天の浴槽があることです。

時々、大きい壺の浴槽を備えている宿がありますが、ここは笹舟という笹のような形をした浴槽です。

温度が他に比べてぬるめに設定されていて、足を伸ばしながらゆっくり入っていられます。至福・・・。

泊まって思う『月の池』の素晴らしいサービス

散々紹介しましたが、やっぱり『月の池』素晴らしいポイントは、サービス、なんじゃないかなと思います。

写真に取れない部分であり、個人差を感じるところでもありますが、サービスが素晴らしいと思います。

スタッフは適度な距離感で気遣った一言をかけてくれ、ちょっとした世間話もして、お見送り、お迎えなどもしてくれる。

到着した時は雨でしたが、到着して車を降りた瞬間にはすでにスタッフの方がドアの外で傘を持って待ってくださっていました。

そんなことできるのってすごいですよね。

教育もしっかりされていると思いますが、いろいろなスタッフと世間話をした感じだと、個々人の性格・裁量にも多くを任せているような印象で、それがさらにスタッフと宿の雰囲気を向上させているのではないかと思いました。

本当にいい宿です。山形に行ったら、上山温泉に行ったら、蔵王に行ったら、ぜひ泊まってほしい宿です!

ちなみに上山温泉が始まったとされる鶴の休石は目の前です。

横には足湯もあります。

歴史も由緒もある、上山温泉『月の池』のご紹介でした。

名前花明りの宿 月の池
住所〒999-3156 山形県上山市湯町3−10
電話番号023-672-2025
ホームページhttp://www.tsukinoike.co.jp/

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

旅行カテゴリの最新記事